読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絶対おすすめ!コスパの高い海外旅行の行き先

はじめに

 長期休みに海外旅行に行きたいと思い立つことはありませんか?まだ行きたい場所も決まっていない。でもなんとなく安く行きたい、そんな人向けに、コスパの良い海外旅行先を調べてみました。

 

対象読者

体力:あり
お金:あまりない
具体的な行き先:決まってない

 

トラベルコちゃんで調べました

 旅行比較サイト「トラベルコ」を利用して調査しました。トラベルコでは全地球を以下の12地域に分類しています。

各地域の最安ツアー

 まずは、12地域ごとの最安値を調査しました(2017年4月末時点で2017年5月中のツアー最安値を検索)。

地域

行き先

価格(円)

アジア

韓国

ソウル

13,800

ハワイ

アメリカ

ホノルル

52,700

ミクロネシア

アメリカ

グアム

29,600

北米

アメリカ

ラスベガス

59,800

ヨーロッパ

イギリス

ロンドン

51,800

オセアニア

オーストラリア

ケアンズ

44,800

南太平洋

ニューカレドニア

ヌメア

46,900

インド洋

モルディブ

モルディブ

111,800

カリブ海

キューバ

ハバナ

124,000

中南米

メキシコ

カンクン

99,000

中近東

アラブ首長国連邦

ドバイ

67,000

アフリカ

モロッコ

カサブランカ

76,800

 一番高かったのはカリブ海エリア、2番目に高かったのがインド洋エリアでした。これらの地域はそもそもトラベルコで検索可能なツアー数が少なく、カリブ海エリアのツアーはハバナ行きのみ、インド洋エリアのツアーはモルディブ行きのみであるのが、エリア内最低価格があまり下がらなかった要因と考えられます。

 その他カンクンカサブランカと続きますが、これは日本からの距離が遠いからでしょうか。やはり日本から遠い国ほどツアー価格が高くなる傾向があります。

コスパの高いツアー

 日本からの距離と価格は比例傾向にありますが、きっと価格は安めで遠いところにいけるツアーもあるはずと思い、先ほどの価格に加えて各行き先の東京からの距離を調べて、2軸にプロットしました。

f:id:sakurA:20170503161925p:plain

 コスパ低グループは1kmあたりの価格が10円以上のグループ、コスパ中のグループは1kmあたりの価格が6円以上10円未満、コスパ高のグループは1kmあたりの価格が6円未満のグループです。

 グラフを見るとそもそも選択肢が少なく価格が上がってしまっているインド洋エリアのモルディブカリブ海エリアのハバナに加え、アジアエリアのソウル、ミクロネシアエリアのグアムもコスパ低という結果になりました。アジアやミクロネシアは日本からの距離が近すぎて、距離あたりの価格にするとあまりコスパが良くないと判定されるようです。

 コスパ中のグループは中南米エリアのカンクン、中近東エリアのドバイ、ハワイエリアのホノルル、オセアニアエリアのケアンズ、アフリカエリアのカサブランカ、北米エリアのラスベガス、南太平洋エリアのヌメアでした。その中でもカサブランカ、ラスベガス、ヌメアが比較的コスパが高いようです。

 コスパ高のグループはヨーロッパエリアのロンドンとなりました。ヨーロッパエリアはそのロンドン以外にもパリやローマなども比較的安価なツアーが見つかります。

 ツアー価格はほとんどが航空券の価格で決まります。航空券価格が安い地域というのは、日本からの便数がそもそも多い地域です(直行便があるようなところ)。ヨーロッパは日本からビジネスでも観光でもニーズがたくさんあり、便数も多いことから、距離が遠い割には安くツアーが組めるのでしょう。 

 今回は2017年4月末時点で2017年5月1ヶ月間の間のツアーについて地域別に最安値を求めて、代表としてプロットしております。時期により価格の上昇下降がありますので、1年を通してこのような結果になるわけではないことをご了承ください。また、上記のような調査方法を採用しているため、必ずしも各エリアで最もコスパの良い都市がピックアップできているわけではありません。例えば、アジアエリアの代表都市にはツアー料金の最も安かったソウルがピックアップされていますが、タイのバンコクであれば、最安ツアー価格が¥19,800で東京からの距離が4612km程なので1kmあたりの価格が4.6円となり、コスパ高と判定されます。アジアやミクロネシアエリアは価格のちょっとした変動や、東京からの距離が少し変わるだけで、1kmあたりの価格が激しく増減するため注意が必要です。

 まとめ

 コスパ重視の旅行先で一番おすすめなのはヨーロッパです。特にロンドン、パリ、ローマなどの日本からの直行便がたくさん出ている地域が良いでしょう(経由便が安く購入可能なため)。ただし物価は高いので滞在費用は十分用意する必要があります。

広告を非表示にする